新着情報

MRIご希望の患者様へ

当院のMRIは予約制になります。
お電話でのMRIの問い合わせが大変多くなっておりますが、MRIは整形外科の診察を受けて頂き医師と相談の上 予約日を決めております。
MRIに関する細々した電話でのお問い合わせは お断りさせていただきますので ご了承下さい。
受付業務に支障をきたしております


3割負担の方 料金目安
例①MRI、処方 5,500円~
(自費18500~)
例②MRI、レントゲン、処方
6,500円~(自費21,000円~)
例③MRI、レントゲン、注射
処方、消炎鎮痛 6,800円~
(自費24,000円~)
料金の目安はレントゲン部位・枚数、処方内容、注射の種類・薬剤などで前後いたします。あくまで目安としてご覧ください。

6/15㈯代診・7/13㈯午後のお知らせ

上記日程では清水禎則院長不在の為 代診となります。
ご不便ご迷惑をお掛けしますが 何卒よろしくお願い申し上げます。
院長診察をご希望の方は上記代診日以外の診察予約をお取りください。
尚、院長不在の為 大変混み合うことが予想されますので、ご了承の上ご来院をお願い致します。

 

当院へのアクセス徒歩動画を掲載いたしました

ホームページ・アクセスより、「錦糸町駅」「東京スカイスリー駅」からの当院へのアクセス徒歩動画を掲載いたしました。
当院への初めてお越しの際は、ご参考になさってください。

 

マスク着用をお願いします

マスクの着用は2023年3月13日から個人の判断に委ねられることになりましたが、医療機関や介護施設では 新型コロナウィルス感染症の感染再拡大を防ぐために引き続きマスクの着用が推奨されています。当院には高齢の方や小さなお子さんなど 重症化リスクの高い方が多く来院されます。特にこれからの季節は 空気が乾燥し 免疫力も低下しますので、コロナウィルスをはじめインフルエンザなどの感染症の流行が懸念されます。

これらを受けて当クリニックでは、付き添いのご家族の方にも マスクの着用をお願いしております。
ご協力のほどよろしくお願いいたします
※マスクをお忘れの方のために院内にて一枚30円にて販売しております。

 

集束型体外衝撃波治療のご案内

このたび、当院では集束型体外衝撃波疼痛治療装置を導入いたしました。
体外衝撃波治療とは、低出力の衝撃波を皮膚の上から照射することで、痛みのある箇所の神経を変性させたり、血管の再生を促すことで痛みを和らげたり、痛みを取り除く治療です。体外衝撃波疼痛治療装置には発生原理や波形によって、集束型と拡散型の2種類があります。集束型の治療装置は、収束した範囲にエネルギーを与えるので、局所的な治療が可能です。患部のみに高いエネルギーを与えることができるため、腱付着部炎、偽関節、疲労骨折、離断性骨軟骨炎、石灰沈着性腱板炎のほか患部が体内の深くにある疾患などにも有効です。関節・腱・筋肉の慢性痛に優れた効果が期待されますので、慢性疼痛でお悩みの方は是非ご利用ください。
なお、集束型体外衝撃波治療が保険適応治療として認可されている疾患は難治性足底腱膜炎のみであり、その他の疾患については保険外診療(自由診療)となります。

医療情報システム基盤整備体制充実加算について

当院では2023年7月1日以降マイナンバーカードによるオンライン資格確認を行っております。
マイナンバーカードを保険証として利用出来るほか、処方されている薬や 特定検診の受診歴などを所得・活用することにより、質の高い医療の提供に努めて参ります。
またオンライン資格確認の導入・普及に関する加算の特例処置として医療情報システム基盤整備体制充実加算を月1回算定させていただきます。
初診時6点または2点
再診時2点
正確な情報の所得・活用するために、マイナ保険証によるオンライン資格確認にご協力をお願い致します。

院長

keyboard_arrow_up